RECRUIT
採用情報

VOICE OF SENIOR STAFF
先輩スタッフの声

技術畑から、営業畑へ。
営業の現場には新しい出会い、
新しいワクワクがいっぱいです。
H.K(ソリューション営業部)

いつまでもプレイヤーとして現場主義をつらぬく

前職でもネットワーク工事など、現場の技術職としてキャリアを積んできましたが、その後営業に転身、そのまま営業畑を歩みつつフィットワークスで同じ職種に就きました。ソリューション事業部に所属して、当社の様々なソリューション商品を提案するのが私の役目です。
東京支店を拠点に営業活動をしていますが、営業エリアは首都圏だけではなく日本全国です。仕事柄各地を飛び回ることも多いのですが、もともとデスクワークよりもこうやっていろいろな土地へ行って様々な人と接する方が性にあっていると思っていたので、とても楽しく仕事ができていると思います。
今後のキャリアアップについても、自分の仕事だけでなく会社全体を見るような立場を期待されることも多くなりましたが、もしそうなったとしても現場主義を貫いて、マネージャーであるよりもまずはプレイヤーとして活躍できるようでいたいなと思っています。

自分らしさを出しやすい会社で「頑張れ!」

人と接する機会が多い仕事なので、やはり大切にしているのは相手や周囲とのコミュニケーションです。たくさんの人のつながりの中から新しい出会いがあったり、つながりや出会いのなかからまた新たな仕事が生まれたりすることもよくあります。次にどんな出会いがあるかわからない、そこから何が生まれるかわからない、といった未知の世界にも臆することなく足を踏み入れていく。こういった部分もこの仕事の面白さだと思います。
フィットワークスには、人がやっている仕事を頭ごなしに否定したり、とやかく言うような人はいません。仕事の進め方や方向性についても、個々の社員の裁量に委ねられている部分が大きいため責任もそれなりに大きくなりますが、その分自分らしさを出しやすい会社です。
これから新たな一歩を踏み出そうとしている方には、「とにかく頑張れ!」と言いたいですね。一心不乱に努力するなかから新しい何かが生まれますし、努力すること自体もふくめて必ず将来の自分のためになりますから。特にうちの会社はその価値が大きいと思うので、新たな第一歩を私も応援したいです。

手に職をつけたい思いでこの道へ。
「自分たちがこの仕事をした」という
自信をもっと感じていきたい。
N.K(コンストラクション事業部)

本物のプロが間近にいる刺激的な現場

学校では医療系の勉強をしていたのですが、その道が自分にとって具体的にイメージしづらいと感じたことで、現実的な意味での方向転換を考えました。いろいろ検討するなかで「手に職をつけたい」という思いから、現職のインフラ工事の道を選びました。最初の出会いはインターン先として見つけた会社でした。事業の幅が広く、何でもやっていることで自分を高められそうだということと、社内の雰囲気がとても自分に合うと思いました。特に募集はしていなかったそうなのですが、私の思いを聞き入れてくれた結果、現在の職に就くことが出来ました。
今は、LANをはじめとしたネットワークインフラを設置する工事を担当しています。実に多様な現場に行かせてもらっているので、入社してから3ヶ月にして近畿2府4県を制覇してしまいました。
これだけ多くの現場を経験していると外注業者の方々と一緒に仕事をすることも多いのですが、こうした業者さんの中はこの道何十年といった「本物のプロ」がたくさんいます。こうしたプロの人たちの仕事は本当に見事なもので、お世辞ではなく感動や刺激にあふれています。こうした人たちの仕事を間近で見ることができるのは、まさにこの仕事をしているからこその役得だと思っています。もちろんそこから具体的に学び、実務に活用できることも多いので、ただ見て感動しているだけではダメなのですが。

「これだ!」と思えるものを見つけてほしい

ネットワーク工事の現場で何より優先されるのは「安全」です。この仕事を始めて間もない頃は知らず知らずのうちに危険なことをしてしまい、厳しく注意されることも一度や二度ではありませんでした。現在でもまれに失敗してしまうことはあるわけですが、そうした仕事上のマイナスでクヨクヨせず、必要以上に後に引きずらないのは、うちの会社の社風です。一瞬、一瞬を大切にするという考え方なので、失敗してしまったことを感情的に責めるのではなく、どうすれば次に同じ失敗をしないのか、その失敗を具体的にどうカバーすれば良いのかを丁寧に教えてもらってきたことで今の自分があるのは間違いありません。
自分の仕事で完成した設備がたくさんの人に利用されている様子を見ると、何とも言えない達成感があります。「自分たちがこの仕事をやった」と、プロとしての自信と矜持を持って言える。これって、とても素晴らしいことだと思います。まだ入社してから年数が浅く経験も少ないので日々勉強していますが、将来もっと大きな仕事を手掛けて、この達成感をもっともっと大きなものにしていけたら素敵だなと、今から楽しみにしています。

うちの会社は業務の幅が広く、担当する仕事も多岐にわたります。たくさんの仕事の中で「これだ!」と思うものを見つけて、それを徹底的に磨いていけば絶対に明るい未来がある会社です。まずはそれを見つける気持ちで、この世界に入ってみるのもアリなのではないでしょうか。

正社員の身分と地元関西での仕事を求めて
フィットワークスへ。自分なりのやり方で
活躍できる社風が自分好みです。
Y.K(ネットワーク事業部)

病院や大学などの現場と本社サーバー室が自分の職場

ネットワーク事業部でサーバーの設定や構築等の業務を担当しています。フィットワークス本社にはサーバー室という専門のスペースがあります。そこでサーバーの設定をして、それから現場を訪問してネットワーク機器を設置・設定するというのが私の主な仕事です。そのため、本社のサーバー室と各現場が私の職場ということになります。
前職も同じ業界で同様の仕事をしていたのですが、身分が派遣社員ということで将来を考えるうえではどうしても不安が拭えませんでした。より安定して成長していける正社員という立場で働きたかったのと、地元である関西に拠点を移して仕事をしたいと思っていたので、その両方が実現できる職場としてフィットワークスを選びました。現在の職について今年で5年目になりますが、ひととおりの業務を進められるようになっているので、腰を据えて今後のキャリアアップを考えられる段階になったように思います。

自分なりのやり方でチャレンジできる会社

ひととおりの業務をこなせるようになったとは言え、この世界は次々と新しい製品も出てきますし、私たちの提案内容も時代の流れに合わせて日々進化していく必要があります。「これで完成」ということがないのもネットワークの仕事に共通することだと思うので、生涯勉強の心意気を忘れずに、これからもキャリアアップをしていきたいです。
フィットワークスは比較的小さい会社ではありますが、それゆえにひとりで業務全体を見て様々なことに関わることができます。またそういった中にこそ、たくさんの成長するチャンスがあるようにも思います。「こんなことをやってみたい」という思いを温めていれば必ず実現できるチャンスが見つかるので、そこから自分の新しい可能性がひらけるかも知れません。
チャレンジしやすい環境で、そのチャレンジから結果を出すことで会社からも信頼してもらえますし、そうやって自分の居場所や役回りを作っていくと、どんどん仕事が面白くなっていきます。
IT系なのであまり堅いことを言う会社でもないですし、自分なりのやり方でキャリアアップしたいと考える方にとっては、大いにチャレンジする価値がある会社だと思います。

医療機関での経験を活かしながら、
大学院でも研究。自由な社風や仕組みを
活かして自分の道を究めたい。
T.M(ソフトウェア開発事業部)

大学院に通いながらこの道を究めたい

うちの会社にはユニークな経歴を持っている人が多いのですが、私もその一人だと思います。当社の強みとして病院等医療機関のシステムやネットワーク分野での実績が挙げられますが、私はその「向こう側」である医療機関が元の職場でした。現職でも医療機関向けの業務を担当しているので、お客様への提案や製品一覧の説明、お客様との打ち合わせなど多様な場面でこれまでの経験が活きていると感じますし、これこそ自分自身の強みだと言えます。
実は、現在私はフィットワークスで仕事するかたわら、大学院にも通っています。今の仕事につながる研究をしていることもあって会社からの理解も得られ、全面的に協力してもらっているので、仕事と学業の両立が出来ているのはとてもありがたいです。
エンジニアとして、自分の仕事は人や社会を幸せにしてこそのものであると考えているので、そのためにもこの環境を活かしながら勉強を続けて、自分なりの答えや結果を出していきたいと考えています。

責任ある仕事を自分のやり方でこなす大人の集団

会社の仕事と大学院の両立という珍しい立場にいる私ですが、両立できているのはフィットワークスの自由な社風や仕組みのおかげです。仕事で結果を出すための方法や道筋については個々の社員の裁量に委ねられているので、責任はありますが自分のやり方を実践できます。押さえるべきところを押さえていれば良いというのは、何か自分のやりたいことがある方にとっては理想的な環境だと思います。
私がこうしているように、フィットワークスの人たちはそれぞれが自由に自分のやり方で仕事をしています。そういったこともあり、不要な摩擦やギスギスした人間関係もなく、個々の社員が独立しながらも連携しあうという、理想的な「大人の集団」だというのが自分の印象です。代表自身がそんな社風を表現しているような人なので、面白そうな会社だと少しでも思われた方は是非一度当社を訪問してみてください。話を聞くだけでも十分価値があると思いますよ。

技術畑を歩んで、今も第一線。
女性が活躍できる配慮も行き届いているので
感謝です。 K.T(システム基盤事業部)

会社やこの仕事が好き。できるだけ早く産休から復帰したい

これまで一貫して技術畑の第一線を歩んできました。フィットワークスではシステム基盤事業部に所属して、これまでと同様に技術系の業務を担当しています。システムの基盤づくりは当社の強みでもあるので、その強みに直接関わる仕事をしています。職場は本社と現場半々といったところで、長い現場だと1年ほどの時間をかけて、ひとつの案件をまとめあげていくこともあります。
製品一覧とインフラ工事という、ソフト・ハードの両部門が同じ会社内にあるのが当社のユニーク性で、この特性を活かして社員同士がうまく連携しながら仕事を進めていくのがフィットワークスの強みです。私はその中のソフト面からアプローチすることでプロジェクトに関わっています。
実は、私はこの社員紹介ページ作成時点で臨月を迎えています。まもなく産休に入る立場ですが、会社やこの仕事がとても好きなので態勢が整えばできるだけ早く復帰したいと考えています。

女性が活躍できる配慮や環境に感謝

製品一覧やネットワーク構築といったITバリバリの職場は「男社会」で女性が少ないと長らく感じてきましたが、だからといって女性が特別な存在であったり、逆に入りにくい世界でもないと思っています。すべては能力と結果次第。特にフィットワークスで仕事をしているとそれを強く感じます。
とは言え、現在の私のように出産や育児といった避けられない重要な事情がある時には会社も配慮をしてくれて、自分のペースで働けるように環境を整えてくれているのでとても感謝しています。今は出産直前の段階ですが、産後もその協力が得られそうなので、会社側のサポートに社員として応えるためにも、早く復帰をしてメンバーと一緒に仕事をしたいと思っています。
当社で活躍している人に共通しているのは、仕事に対する責任感と、相手や周囲との協調性です。特に後者の協調性についてはチームワークが良い意味で機能している会社なので、これからの方々にはぜひチームの良き一員になってほしいと思うところです。
最後に、これは人数の問題かもしれませんが、男性と比べて女性の人数が圧倒的に少ないので、女性はチヤホヤされますよ!(笑)